2007年10月25日

John Hawthroneの”Knowledge and Lotteries”

John Hawthroneの”Knowledge and Lotteries”という本は、まあここ数年の認識論の本の中では、Timothy Williamsonの”Knowledge and Its Limits”と共に一番話題になった本である。この本の中心問題は、Jonathan Vogelが提示したlottery propositionsと呼ばれる、一群の命題が引き起こすパラドキシカルな問題(Lottery Problem)である。この問題に対する様々な立場を分類し、彼が選び出した認識論的立場に対する諸制約をどれだけ満たせるのかという観点から、それぞれの点数表をつけていく。まず、Lottery Problemとは以下のような問題である。

1.Sは来年アフリカに行くだけの経済的余裕がないと知っている。
2.ある人が来年アフリカに行くだけの経済的余裕がないという命題は、その人が最近買った宝くじに当たらないという命題を含意するとSは知っている。
3.Sは彼が最近買った宝くじに当たらないと知っている。

1はどう考えても真に思えるし、2はトリビアルな含意を知っているということなので、真だとすることに何の問題もない。問題は3で、1、2と閉包原理から簡単に導けるにもかかわらず、これを肯定することは難しい。宝くじの当選番号が公表される前に、それを知ることは不可能だと思えるからだ。しかしもし3が偽であるとなると、同じ推論を逆にたどって、1か2を否定するしかない。2を否定することは難しい、すると1が偽なのだろうか?同種の議論は様々な命題に対して構成できるため、1を否定することは伝統的懐疑論に負けず劣らず、我々の想定する「知識」に対して破壊的な帰結を持つことになる。

この問題に対する対処方法は、Hawthroneによれば4種類しかない。

a.文脈主義
b.懐疑的不変主義(skeptical invariantism)
c.穏健な不変主義(moderate invariantism)
d.鋭敏性不変主義(sensitive invariantism)

Hawthroneの採点表ではdの立場が最も高得点になる。この立場は、最初にJeremy FantlとMatthew McGrathによって提唱された(“Evidence, Pragmatics, and Justification", The Philosophical Review 111:1, 2002)。現在ではこの二人の他にJason Stanleyによって強力な論戦が築かれている。この立場の詳細は後日解説するとして、ちょっと興味深い事実を報告しておこう。

この本を出版する前、Hawthroneはbに焦点を合わせたいと思っていたらしい。確かに彼はFantl、McGrathと異なり、3は偽でしかあり得ないという強い考えを持っているように見える。この考えは実はdの立場と相性が悪くて、bに簡単に陥ってしまう。彼がdによりページを割いたのは、編集者からの要請だったようで、僕にはこの辺りに彼の揺れ動きが見えるような気がする。

なお、現在のHawthroneはdの立場も捨ててしまったようだ。どうも徳認識論的なアプローチをとっているらしい。徳認識論からのLottery Problemの対処はJohn Grecoがいろいろと論じているが、それに近い立場ではないだろうか。この転向に、彼の元同僚で、dを一緒にもり立てたStanleyはかなり気が食わないといった感じらしい。

カナダに来て面白いことの一つは、こういうゴシップ話が聞けることだなあ。

posted by hakutaku at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 認識論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62350501

この記事へのトラックバック