2007年10月13日

ドイツの分析系認識論

最近はドイツでも分析系の認識論がさかんになってきているようだ。学会も数多く開かれているし、それが本になって出版されている。また、分析系認識論の入門書もいろいろと出版され、なかなか土台が整ってきているのではないかという印象を受ける。

僕はかつてドイツ哲学をやっていたとはいえ、2001年3月以降、ドイツ語の論文は一つしか読んでいない。しかし、最近こうした状況を見るにつけ、再びドイツの論文を読んでみたいという思いになってきた。ただドイツの認識論者の論文は英語で書かれたものを最近いくつか目を通したが、やはり英語圏のものに比べると、平均的レベルは低い。

ここで何人か僕の気になるドイツの分析系認識論者を挙げておこう。Gerhard Ernst、Thomas Grundmann、Antonia Barke。この3人の中では、Antonia Barkeの論文がもっとも興味深かった。従来の文脈主義に変わって、epistemic contextualismと彼女が呼ぶ、新しい立場を出そうとしている。ただ、これはコメンタリーで指摘されているように、彼女が考えているほど既存の文脈主義と異なってはいない。彼女は最近英語で本を出版して、非常におもしろそうなので、今注文しているところである。Thomas Grundmannは、Michael Williamsの批判論文を書いていて、まあだいたい正しいが、あまり面白みのない批判をしている。彼は他にもいろいろ書いているようで、もう少し読んでみたい。Gerhard Ernestはかなり大御所っぽいが、他の人の論文に対するコメンタリーしか読んでないので、彼の本も読みたい。

しかし今の僕のドイツ語力はおそらく学部生の頃よりもないので、彼らのドイツ語の著作を読むためにもう一度勉強し直さなければならない。かねてせっかく勉強したドイツ語を完全に忘れるのはいやだなと思っていったので、これはいい動機になる。

こう考えると、日本でももう少し分析系認識論がさかんになってもいいのにな。だれか入門書でも翻訳しないかなあ。ただ21世紀に入ってから、いろいろと新しい立場が現れ、これらをすべて網羅するような入門書はこちらにもまだない。もうすぐBlackwellから、"Companion to Epistemology"と、"Epistemology: An Anthology"の第二版が出るが、これは結構最近の動向を反映したものになるはず。1版も数年前に出たばかりだが、もう大幅に変えなければならないほど、最近の動向はめまぐるしいということか。ただどちらも入門書ではなく、前者は辞典で、後者は論文集。前者は、かなりつかえます。認識論関係の辞典でよりコンパクトなものがほしい人は、Duncan PritchardとMartijn Blaauwの"Epistemology A to Z"もいい。これはPhilosophy A to Zというシリーズの1冊だが、このシリーズは便利。
posted by hakutaku at 15:44| Comment(2) | TrackBack(1) | 認識論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hakutakuさんの影響でひそかに文脈主義に興味を持ちはじめました。今、HawthorneのKnowledge and Lotteriesを読んでます。

ブログの書き込み、楽しみにしてます。
Posted by M4 at 2007年10月21日 14:28
あの本は決して読みやすくありませんが、読み通すとかなり勉強になります。もし何か質問があれば、聞いてくれれば答えますよ。
Posted by hakutaku at 2007年10月25日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

14歳からの哲学―考えるための教科書
Excerpt: タイトル通り、今の人向けの哲学入門書には良いと思います。この人の他著も見ると、ギリシャ哲学を基に思考を進めています。「哲学の正統」です。そういう意味では、この本を読まれた方は、次に、日本でのギリシャ哲..
Weblog:
Tracked: 2007-10-27 07:05