2020年05月29日

オンライン会議の音声トラブル対処法

オンラインで飲み会をしたり、授業やったり、また学会に参加することが非常に最近は多い。今まで、何の問題もなくやっていたのだけど、本日あるオンライン学会でコメンテーターを務めることになり、いざそれをやろうとしたら、自分の声が音割れで他の人にまともに聞こえないというアクシデントが突然起こった。すぐに適切な対処方法が分からなかったので(マイクやビデオをオンオフにしてみたくらい)、事前に配っていたハンドアウトを他の参加者に読んでもらうだけになってしまった。

せっかく準備して、発表者と議論するのも楽しみにしていたので残念だった。しかも、当日は、朝からSkype、Jitsi Meetで他の会議にも参加し、学会主催者ともZoomで環境チェックをやった上に、学会の最初にまだ参加者が少ない段階であいさつなどをしたときも問題はなかった。

なので、ネット回線やパソコンの状態によって、突然こういう問題が起こるということがわかって、非常に勉強になった。今後も、このような問題は起こるかもしれないので、後で考えた対処方法をいくつかまとめておこうと思う。一番大事なのは、心の余裕を持つことで、即座に対処するのは選択肢が限られすぎる。なので、一回主催者に休憩時間にしてもらって、その間に対処することだと思う。しかし、学会は時間が決まっていたりするので、それも難しいときがあるのだが。

以下の対処方法は、上から順番に簡単にできるものになっている。音声に問題が起こったときは、上から順番に実行してみるとよいと思う。

発表者側の対処

1、ビデオを切って、マイクのみにする。マイクも一度切って、再接続する。
2、Zoomにはノイズキャンセル機能が自動でonになっているけど、それが音割れを引き起こすことがある。なので、ノイズキャンセルをoffにする。ここにわかりやすい説明がある。
3、オンライン会議のため以外のアプリ、ソフトを全部閉じる。他のソフトが音声処理に問題を起こすことがある。
4、Zoomを一旦終了し、再起動する。
5、ネット回線を変える。例えば、携帯のWifiでつなぐ。
6、ZoomやJitsi Meeting、Skypeなど現在のオンライン会議用のソフトは電話でも参加できる。音声だけになるが、特定の電話番号に電話をかけることで参加する。
7、パソコンを再起動する

主催者側の対処

1、多人数の音声がオンになっていると、ハウリングが起こることがあるので、全員を一回ミュートにする。
2、上の発表者ができる対処を伝える。特に、(5)の電話でつなぐ場合は、主催者がその電話番号を伝える。
3、会議を一回止めて、5分から10分休憩時間を取り、その間に対処する。その後、会議を再開する。
4、一度、ホストがオンライン会議ソフトを再起動する。他の人にはその後、再度つなぎ直してもらう(ホストの共有機能で他の人にホスト機能を割り振っておくと、自分が落ちても、Zoomの会議そのものは続く)。
5、ホストがパソコンを再起動する(ホストの共有機能で他の人にホスト機能を割り振っておくと、自分が落ちても、Zoomの会議そのものは続く)。


posted by hakutaku at 05:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kasakiさん(2020年8月12日の twitter)>
僕は誰もなり手がいないのでお願いしますと懇願された非常勤を、数年後、来年学振PDが終わって他の地区に移動するかもしれません、ただし非常勤はできる限り続けますと言った瞬間、非常勤をその懇願した人に切られたことがある。その程度の意識の常勤教員は多いと思っています。こうした仲介役、世話役の常勤教員って正式な記録にも残らない。だから、パワハラがまかり通る。他地域に異動して非常勤ができなくなる「可能性」だけで、契約を継続しなくても、どこにも問題がない記録上の体裁が出来上がる。なんなんですかね、これ。

+++

はじめまして,私は私大で働いている教員です.哲学やライティングの情報をKasakiさんの twitter で得ることが多いです.上に Kasakiさんが twitter されたことで,世話役の常勤教員の事情も想像できるので,少し書かせてください(私は twitter をしていないので,twitter で書き込めないのでこちらに書かせてください).

私の働いている私大の場合ですが,非常勤講師をして頂くためには,研究業績を含む履歴書を書いて頂いた後に学科会議での審議 -> 学科長の会議での審議 -> 学部の教授会での審議があります.また,自県と近隣県_以外_に在住されている方にお願いすることも可能ですが,交通費の支給の関係で(例えば,日帰りで来て頂く場合でも,新幹線で往復数万円×講義回数分の支給がありますので),教授会で特別の審議があります.若手の方で遠方に異動される場合は,私の働いている私大の場合ですと,上に書いた交通費の支給の関係でお願いするのはかなりハードルが高いように思います.

私も非常勤の世話役をしていて,学振PDの若手の方にお願いしています.賛否両論あると思うのですが,現在のアカデミックポスト就職難の状況で,それほど負担にならない形で(過去の授業の資料などをお渡ししています)若手の方が教育経験をもつのは多少のアドバンテージになるかなという気もします.ありがたいことに,今までお願いした方は皆さん,国立大の常勤の助教に採用されて,一人の方は今ではいわゆる旧帝大の准教授をされています.ただし,私の方としては,若手の方の異動が決まってからが大変です.いろいろなツテをたどって,非常に短い間に代わりに担当して頂ける人を探して,研究業績を含む履歴書を書いて頂いて(書式があるので,必要ならば私が修正して確認してもらって),教授会は多くの場合,月に1回なので,それに間に合わせてという作業を,通常の多忙なスケジュールの中でしなくてはなりません.年内に異動が決まればそれでも多少の余裕がありますが,年明けですと通常の業務が大変な時期ですので,さらに大変になります.(なお,上の場合は担当科目が学部の場合ですが,担当科目が全学共通の科目ですと,スケジュールでは更に困難になります.)

遠方に異動されることが決まり,非常勤をお願いできない状況になりますと(上に書いたように,少なくとも私の働いている大学では,交通費の支給の関係で非近隣県ですと非常勤のお願いは難しいです),分野にもよると思うのですが,代わりの方がすぐに見つからないと困ってしまいます.Kasakiさんが非常勤をされていた大学の事情はわかりませんし,世話役の常勤教員がKasakiさんに説明もなかったというのですと問題があると思います.しかし,その大学も私の働いている私大と同じような状況ですと,来年の時間割を組む秋口までに非常勤講師を決めておきたいと,その世話役の常勤教員が考えても分かるように思います.

非常勤問題は難しいです.もともとは本務校のある教員に非常勤で来て頂くという制度設計で,現在までに至っていると理解しています.そして現在では,国立もそうですが特に私大は非常勤講師をお願いしなければ回らなくなっています.中澤渉『なぜ日本の公教育費は少ないのか』を読みましたが,大学がお金のない状況で,大学内の運用だけで非常勤問題が解決できるようには思えないです.私はいわゆる旧帝大と私大の両方で常勤の経験があり,海外も3年くらいの経験(一部は向こうからお金をもらって)がありますが,欧米やアジアの大学に比べると,日本の大学の環境は悪くなっていく一方と思います.私は,非常勤問題をもちろん肯定していませんが,本業と家庭で目一杯で,自分から政府に働きかけるという余裕はないです.(分野の若い方に推薦状を頼まれれば喜んで書きますし,若い方の書いた論文の査読を頼まれればなるべく断らずに引き受けています.また,私にできる範囲で,若手の振興策に関するパブリックコメントを書いたり,署名したことはあります.)
Posted by SU at 2020年08月12日 21:23
書き込みありがとうございます。非常勤問題は大学の予算不足に起因する部分もあり、教員個人ではすべての解決はできないということは、もちろんです。また、そのような中で可能な取り組みをされておられるとのこと感謝いたします。

ただ、少し誤解があると思います。僕の非常勤が突然打ち切りになったのは、異動が決まったからではないです。学振PDが今年度で終わるという状況で、来年の非常勤の継続について「事務」から問い合わせがあったので、「来年は学振PDが終わり、現在住んでいる場所から(経済的、その他の理由で)離れるかもしれませんが、可能な限り続けさせていただきたいと思います」という趣旨の返事を事務に行っただけです。単に遠方に引っ越す「可能性」がある旨を率直に報告したまでです。

また、学振PDの間ももちろん就活中であるわけなので、そのような可能性については前年度の問い合わせの際にも言及していました。また、このメールには返信もなく、他に一度も事務からも窓口約教員からもコンタクトはありませんでした。

少なくともこの一件は、より大きな意味での非常勤の扱いについての問題や、常勤教員の事情について無理解といったものではないです。もっと常識的な問題にすぎないと思っています。
Posted by at 2020年08月24日 16:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。