2015年02月28日

史上初の実験哲学者Arne Næss

Sorensen, Roy. (2014). "Novice Thought Experiments." In Anthony Robert Booth and Darrell P. Rowbottom (eds.), Intuitions. Oxford: Oxford University Press: 135-147.

を読んでいたら、史上最初の実験哲学者としてArne Næssという人物が紹介されていた。非常に面白いと思ったので、この人物について調べてみた。

ノルウェイ出身で、同国では非常に有名らしく、Wikipediaにも項目があるのだが、不勉強で今まで知らなかった(ただ、あとで書くように、知っていても良かったはずだと思う)。とりあえず、詳しくはそちらを見てもらうことにして、ここで重要な事はまず、1934-35年に17ヶ月間ウィーンに滞在し、論理実証主義者と親しくなり、Schlickの講義に出たり、後にAyarと論争したりした人であるということと統計もかなり勉強した人物であるということ。

Næssは"truth"について哲学者が「常識的には、…だ」という言い方を頻繁にし、しかもその内容が異なること問題だと考え、同時にそれを検証する方法を持たなかったことを哲学の方法論的欠陥だと考えた。そこで、12才から65才までの非哲学者300人に質問紙調査をして、1938年に“Truth” as Conceived by Those Who Are Not Professional Philosophersという本を出版する(一回の調査ではなく、いろいろ質問を変えたりしながら、何回もやったようだ)。この本は残念ながら入手困難だけど、そのサマリーとして同年に発表された"Common Sense and Truth"が彼の全集VIIIに収められている(また、他にも関連する実験哲学と見なしうる研究をしている)ので、読んでみた。

質問内容は全部書かれていないが、ほとんどの調査で、以下の様な質問をしたと書かれている。

Do you distinguish between something true and something absolutely true?
Is there anything absolutely true? Give some examples of absolutely true statements. (p. 15)

Næssはこの実験を通じて、'truth'とそれに似た表現について厳密に言えば500種類の異なる定義をえて、それをいろいろな基準で分類している。例えば、哲学者が提示してきた真理定義との類似性による分類では45のグループにこれらの定義は分類されている(ただし500のうち半分以上が単純に分類できず、複数のグループに属すると分類されている)。この分類で最大のグループ(500定義のうち57を含む)は、真理を証明可能ないし
証明されたもの、とするグループで、実在との対応(500定義のうち16を含む)とするグループよりも大きい。既存の真理論に見られる全ての定義(そしてそれ以上の定義)は、非哲学者の中に見いだせたとしている。全集VIIIに入っている他の論文に、一部のグループが若干詳しく書いてある(1981年に発表された"The Empirical Semantics of Key Terms, Phrases, and Sentences: Empirical Semantics Applied to Nonprofessional Language")。

Group 4: if truth is identified (in various senses) with a relation of
correspondence with facts or actual things.
Group 7: if truth is identified with facts or real things.
Group 8: if truth is identified with what is the case, what is so, what is as one says; or when a function of mere affirmation is described. Compare theanswers of person Bto the utterance ofA: A−It is raining, B−(1) Yes, it is raining, (2) It is raining, (3) That is so, (4) Yes (the “Tarski group”).
Group 9: if what is true is identified with something fixed and determined by man himself (“Truth as Convention”).
Group 11: if what is true is identified with what cannot be challenged, disproved, contradicted, or discussed or with what is indisputable.
Group 12: if what is true is identified with what is unchangeable or what cannot be otherwise. Central notion: changelessness (the “Parmenides group”).
Group 13: if what is true is identified with the relation of agreement or correspondence between something and observation.
Group 14: if what is true is identified with something unmistakable, with something that cannot be mistaken(the “Incorrigibility group”).
Group 15: if what is true is identified with that which cannot be doubted or with what is not actually doubted by anyone (the “Cartesian group”). (p. 63)

この実験結果は学会でも発表されたけど、自然言語は混乱しており、それをexplication(解明)するのが哲学だというCarnapらの考えが支配的だったので、あまりうけなかったらしい。しかし、Næssはこうした非経験的な意味論には終始反対して、自分の方法論を「経験的意味論」と呼び、いろいろ書いているし、後に日常言語学派と関連付けたりしている。

彼の実験はTarskiにも知られていたらしく、恥ずかしいことにいままで気づいていなかったのだが、Tarskiの1944年の記念碑的論文"The Semantic Conception of Truth: and the Foundations of Semantics," Philosophy and Phenomenological Research, 4 (3)でも言及されている。Næssも1981年の先の論文で、Tarskiの見解の中には経験的にテスト可能なものがまざっており、自分の実験はそれをテストしたともしている。

さて、TarskiがNæssの実験について何を言っているかというと、以下のとおり。

"I should like to emphasize that in my opinion such investigations must be conducted with the utmost care. Thus, if we ask a highschool boy, or even an adult intelligent man having no special philosophical training, whether he regards a sentence to be true if it agrees with reality, or if it designates an existing state of affairs, it may simply turn out that he does not understand the question...

Therefore, I was by no means surprised to learn (in a discussion devoted to these problems) that in a group of people who were questioned only 15% agreed that "true" means for them "agreeing with reality," while 90% agreed that a sentence such as "it is snowing" is true if, and only if, it is snowing. Thus, a great majority of these people seemed to reject the classical conception of truth in its "philosophical" formulation, while accepting the same conception when formulated in plain words..." (p. 360)

このの応答は、今日の実験哲学を巡る議論で言えばいわゆるexpertise defenseと言われるもので、訓練を受けていない非哲学者の意見よりも、専門的スキルを持つ哲学者の意見を重視すればよいというもの(かなり極端だけど)。

いや、90年近く前に、こんな統計の知識をしっかり持った哲学者がいて、実際に質問紙調査をやっていたこと、哲学のアプリオリ性や非哲学者の専門スキルの欠如を理由とする批判にあったことなどを全然知らなかったので、非常に驚いた。規模は違えど、現代の実験哲学を巡る議論と同じような状況がかつてあったのだ。興味深いのは、こういった企てが論理実証主義者の哲学の規範的性格、アプリオリ性への志向と相容れなかったことで、自然主義の歴史を考える上でも興味深い。
posted by hakutaku at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック