2010年03月31日

学会報告(2)

3月27日、学会2日目。

この日も全然寝られず、4時過ぎからスライドの見直しをしていた。Stich氏と朝飯を一緒に食べようという話になっていたので、7時半に隣の彼の部屋に行くと、早く起きたから先に行くよとメモが貼ってあったので、レストランに移動。

ここでもう1人の招待講演者Beebe氏と初顔合わせ。あなたが論文を書いたGenerality Problemについて博論を書いているので、この学会中に是非時間があれば、それを議論したいですと言うと、二つ返事で引き受けてくれた。この人もすごくいい人だった。

大学までの行き方がよく分からないというので、経済学の招待講演者や海外からの他の発表者皆を案内してホテルから移動。特にYaleのM君とは、うちの大学からYaleの博士に行った共通の友人がいるので、結構盛り上がった。

んで、まず僕の英語の入門講義。これはけっこううまくいって、他の招待講演者、とくに経済系の人にすごく褒められた。よかったよかった。

経済学の入門講義、そしてEdo氏の招待講演は、すごく面白かったし、勉強になった。やはり、実験経済学と哲学には、いろいろ共通点がある。Shu-Heng氏の講演は、歴史的な入門だったが、一部専門用語が理解できず、完全にフォローできなかった。

Stich氏の発表は、実に熱意のあるもので、従来の哲学と実験哲学の相違や、その革新性を説明するのに、彼ほど適任はいないと思った。僕の入門講義にも、いろいろ言及してくれて、ありがたかった。

ポスター発表もいろいろ見て回る。日本からもいくつかの実験結果の報告があって、おーと思ったのだが、ちょっと実験設計に問題があるものが多かったように思う。

その後の懇親会は、台湾の経済学者と、信念、知識という概念を巡って、いろいろ議論した。この人は頭の回転が速くて、話していて楽しかった。

帰り道はBeebe氏と、僕の博論についていろいろ議論。僕のアイデアと彼の論文の批判について、賛成してくれたので、かなり励みになった。博論のドラフトも読んでみたいので送ってくれと言われた。この学会の裏の目的一つを達成。

3月28日、学会3日目。

またまたあまり寝られず。朝からまず一般発表。同時に4つの発表があって、絞るのが大変で、結局ほとんど海外からの哲学系の発表しか聞けなかった。質問もしまくったし、発表者とは議論もいろいろした。特にM君とは、彼の実験に対する僕の仮説も話して、いろいろ有意義な議論ができた。彼とはほんと仲良くなって、夏に遊びに来いと言われたで、嬉しかったな。

んで、僕の招待講演。まあ、それなりにそつなくこなせたかな。質問もいろいろ出たし、その後結構皆から褒めて貰った。Beebe氏には、どっかに投稿すべきだと言われたし。

ここで仕事が全て終わった安心感から一気に気が抜けて、次のFischbacher氏の講演は、前半全然話を聞いてなかった。申し訳ない。次のBeebe氏の講演は、実に見事。一つ質問したけど、あまり明晰でなく、またテクニカルな質問過ぎて、迷惑をかけてしまった。

んで、また皆を引き連れて祇園まで移動。日本の友人達にいろいろ迷惑をかけた。僕はその後、この友人達に合流して、飲み会。いつものように盛り上がる。彼らと飲めるというのが、まあ日本に来たときの最大の楽しみの一つだ。

3月29日

んで次の日、朝飯を食いにいくと、Stich氏がいた。この学会中、彼とちょいちょい例の日本語の知識概念を研究するための方法について話し合っていたのだが、ここでいろいろと話を詰めることができた。この計画をこれから動かしていって、将来的には日本で実験できたらいいな。途中でBeebe氏も合流したので、3人でしばらくまったりする。

Stichに哲学の小道への道順を教えた後、僕は別れて実家に。久々に姪の顔を見る。でかくなったなー。この日は疲れがどっとでて、買い物に行った後爆睡。

3月30日

空港で、他の家族と待ち合わせて、いっしょに昼飯を食べ。それからまず成田へ。やはり成田で、おおいに迷う。ほんとなんでこんなに分かりにくいんだろう。んで、バンクーバー、カルガリーまで帰ってきました。

しかし、意義深い学会だった。いろいろ疲れたけど、なんだかんだいって一番得したのは、僕かもしれないな。Beebe氏やStich氏とは、これからも連絡を取り合って行くことになったし、Stich氏とはうまくいけば、共同研究することになるかも。

日本の哲学関係は出席者が少なくて、あまり顔を覚えて貰うという目的が果たせなかったけど、まあ、それ以上にいろいろ収穫があった学会でした。僕の講義、講演ばかり聴かされる方もしんどかったと思うけど、ほんと出席してくださった皆さんありがとうございました。
posted by hakutaku at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145217762

この記事へのトラックバック