2010年02月25日

Craigの社会学的アプローチ

Stichら自然主義者の考える、規範的理論がデカルト以降の第一哲学の残滓に思えると先のエントリで書いたのだが、Stichの1990年の本を読み返していると、最初にまさにそういうことが書いてあった。やはりある意味で、自然主義的認識論は分析的認識論よりも、ずっと伝統に忠実なのだ。

以前から書いているように、実験哲学の一つの意義は、哲学をめぐる方法論的な問いの重要性を哲学者たちに認識させたことにある。概念分析としての哲学という考えは、Frank Jacksonが10年ほど前に改めて定式化し、実験哲学の初期の成果は、彼の本の書評で発表された。この本はWilliamsonの最近の批判のターゲットでもあり、彼のJacksonとのAnalysisにおけるやりとりは、あまりにもJacksonをけなしていて、かわいそうになってくるほど。

しかし、概念分析をしないとすると、どうやって哲学をやったらいいのか。実験哲学者のWeinbergが提唱する方法論は、90年のCraigの本で提出された方法論をモデルにしている。

Edward Craig (1990). Knowledge and the State of Nature: An Essay in Conceptual Synthesis. Oxford University Press.

この本は、知る人ぞ知るという感じで、名著だがあまり読まれることがなかった。従来の認識論の概念分析を批判しつつ、Craigが提唱する方法論は、自然状態から「知識」という概念が何の目的で生まれ、維持されてきたのかという、概念の機能に関する社会的考察を、壮大な思考実験として行う、というものだ。実に斬新なアプローチだが、90年代はほとんど無視されていて、Weinbergは、あまりにも過小評価されていると会ったときに言っていて、僕が読んだことがありますといったら、マジでって感じで驚いていた(相当前に入手して、何故買ったのかを全然覚えていない。一時認識論関係の出版物を手当たり次第に買っていたときがあったので、そのときに買ったのだと思う)。

実のところ、この本が再び脚光を浴びたのは、Weinbergというよりも、認識論のValue Turnの中でである。Craigのアプローチは、「知識」概念の社会的機能に注目するものだが、Value Turnで注目された他の方向性の一つは、我々の実践における知識の機能に注目するというものである。SSIなどは、このアプローチから生まれた立場だ。

実験哲学はSSIが使うケースも批判対象にしていて、論文が幾つか書かれたが、一つの論文は、SSIを矮小化しているというか、SSIの立場が、あるケースに対する直観に依拠するものでしかない、と理解している。これは大きな間違いで、SSIは、直観以外に、この知識の機能の分析に依拠している。この理論的部分が強力だというのが、SSIの魅力である。

どうも、一部の自然主義者は、伝統派を攻撃するだけが目的になっているようなところがあり、それが前から全然自然主義に興味がない理由だった。もうあまり身のない批判はいいから、何か面白い成果を見せてくれよとずっと思っていたが、実験哲学というのは、その点でいろいろ実験してくれるから、面白い。
posted by hakutaku at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 認識論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142106394

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。