2010年01月29日

実験哲学からの挑戦

実験哲学で検索してうちのブログを見てくれた人が最近随分います。おそらく、実験経済学・哲学の学会の情報をかなりの人が知ってくれたからだと思います。

といっても、うちのブログは今まで実験哲学のことは全然書いていません。申し訳ないので、去年に応用哲学会で発表するために作成した論文をアップすることにしました。実験哲学の立場の一つである、実験的制限主義とその批判的検討が主題です。この論文は、最終的に学会誌に投稿することを意図していましたが、当時いろいろと不満な点があり、一年近く放置していました。あまり手直しもしていませんが、この一年でまたいろいろと論文が出ましたので、それらの情報を盛り込み、幾つか註を追加しました。まだ文章、内容面で完全なものとは言えませんが、実験哲学をこれから勉強したいという人には、それなりに役立つと思います。

この論文の内容は、

1、実験哲学内の立場の一つである、実験的制限主義を巡る議論のサーヴェイ。
2、直観の認識論のサーヴェイ。
3、実験的制限主義の批判的検討。

となっています。実験哲学についてはすでに幾つかサーヴェイが出ていますので、一応それら以上のものしようと頑張りました(他のサーヴヴェイは数年前に書かれていて、展開の早い実験哲学のサーヴェイとしては、やや時代遅れになっています。この論文は、現在入手できる限りで最新の文献までフォローしているので、2010年1月現在で、最もuptodateなサーヴェイになっていると思います)。また、実験哲学を巡る議論を理解するには、なにより直観がどのような認識論的役割を持っているのかを知る必要があります。このトピックは現在の認識論のホットトピックの一つなので、それについてかなり詳しく書き、結局サーヴェイ内サーヴェイという感じになってしまいました。サーヴェイばかりではオリジナリティがないので、一応最終節で自分の意見を書いています。

実験哲学の一立場に焦点を合わせていますので、実験哲学一般のサーヴェイとしてはやや不完全です。特に、実験哲学の立役者の一人、Joshua Knobeの実験と、それに関する議論については、註で文献を挙げているだけで、それについての記述がまったくありません。この実験は、次の学会の招待講演者の一人、James Beebe氏のやった実験のもとになっているものなので、いずれこのブログか、どこかできちんと紹介します。

この論文はまだ一部未完成なので、引用や転載を原則禁じます。もしそういうことをしたいという方がいれば、連絡してください(連絡はコメント欄か、僕の大学のホームページからメールでお願いします)。質問やコメントは歓迎しますが、答えられない場合もありますので、ご寛恕ください。

PDFをブログ上に埋め込んでいます。一番右上のアイコンをクリックすると、全画面表示になります。



posted by hakutaku at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック