2008年07月30日

道徳文脈主義

文脈主義というのは、近年の哲学でははやりの立場で、まあいろいろなところに現れる。特に顕著なのは、言語哲学と認識論だろう。言語哲学における文脈主義とは、ある語の意味は常に文脈に相対的であるというかなりラディカルな立場で、これに対する反論としては、Herman CappelenとErnest Leporeの"Insensitive Semantics" (2004, Blackwell)が有名で、今やいろいろ議論が行われている。思えばこの本は僕が3年前に日本で読んだ最後の哲学書だったなあ。この分野に関する知識は3年間であまり進歩していないので、忸怩たるものがある(もっともこのうちの二年は授業や進級試験などで忙しく、自分の趣味の本はあまり読めなかったのだが)。

また近年では道徳文脈主義(Moral Contextualism)というのも論じられる様になってきた。少なくとも3冊の本が倫理学における、文脈主義と呼ばれうる立場に関して書かれている。

Mark Timmons, Morality without Foundations: A Defense of Moral Contextualism, Oxford University Press, 1999.
Alan Thomas, Value and Context: The Nature of Moral and Political Knowledge, Oxford University Press, 2006.
Walter Sinnott-Armstrong, Moral Skepticisms, Oxford University Press, 2006.

Timmonsの本は昔斜め読みしたことがあるのだが、あまり覚えていない。ThomasのはMichael Williamsの文脈主義をベースにしていて興味深いのだが、まだきちんと読んでいない。Sinnott-Armstrongのは、文脈主義の1バージョンであるContrastivismを倫理に応用したもの。このContrastivismという立場は、認識論、科学哲学である程度広まりつつある。この本は近々じっくり読む予定。

この辺りも暇なときにきちんとフォローしておきたいのだが、なかなか時間がなくてできないなあ。誰か倫理に詳しい人がまとまった紹介をしてくれればいいのだが。


posted by hakutaku at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 認識論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック