2020年05月29日

オンライン会議の音声トラブル対処法

オンラインで飲み会をしたり、授業やったり、また学会に参加することが非常に最近は多い。今まで、何の問題もなくやっていたのだけど、本日あるオンライン学会でコメンテーターを務めることになり、いざそれをやろうとしたら、自分の声が音割れで他の人にまともに聞こえないというアクシデントが突然起こった。すぐに適切な対処方法が分からなかったので(マイクやビデオをオンオフにしてみたくらい)、事前に配っていたハンドアウトを他の参加者に読んでもらうだけになってしまった。

せっかく準備して、発表者と議論するのも楽しみにしていたので残念だった。しかも、当日は、朝からSkype、Jitsi Meetで他の会議にも参加し、学会主催者ともZoomで環境チェックをやった上に、学会の最初にまだ参加者が少ない段階であいさつなどをしたときも問題はなかった。

なので、ネット回線やパソコンの状態によって、突然こういう問題が起こるということがわかって、非常に勉強になった。今後も、このような問題は起こるかもしれないので、後で考えた対処方法をいくつかまとめておこうと思う。一番大事なのは、心の余裕を持つことで、即座に対処するのは選択肢が限られすぎる。なので、一回主催者に休憩時間にしてもらって、その間に対処することだと思う。しかし、学会は時間が決まっていたりするので、それも難しいときがあるのだが。

以下の対処方法は、上から順番に簡単にできるものになっている。音声に問題が起こったときは、上から順番に実行してみるとよいと思う。

発表者側の対処

1、ビデオを切って、マイクのみにする。マイクも一度切って、再接続する。
2、Zoomにはノイズキャンセル機能が自動でonになっているけど、それが音割れを引き起こすことがある。なので、ノイズキャンセルをoffにする。ここにわかりやすい説明がある。
3、オンライン会議のため以外のアプリ、ソフトを全部閉じる。他のソフトが音声処理に問題を起こすことがある。
4、Zoomを一旦終了し、再起動する。
5、ネット回線を変える。例えば、携帯のWifiでつなぐ。
6、ZoomやJitsi Meeting、Skypeなど現在のオンライン会議用のソフトは電話でも参加できる。音声だけになるが、特定の電話番号に電話をかけることで参加する。
7、パソコンを再起動する

主催者側の対処

1、多人数の音声がオンになっていると、ハウリングが起こることがあるので、全員を一回ミュートにする。
2、上の発表者ができる対処を伝える。特に、(5)の電話でつなぐ場合は、主催者がその電話番号を伝える。
3、会議を一回止めて、5分から10分休憩時間を取り、その間に対処する。その後、会議を再開する。
4、一度、ホストがオンライン会議ソフトを再起動する。他の人にはその後、再度つなぎ直してもらう(ホストの共有機能で他の人にホスト機能を割り振っておくと、自分が落ちても、Zoomの会議そのものは続く)。
5、ホストがパソコンを再起動する(ホストの共有機能で他の人にホスト機能を割り振っておくと、自分が落ちても、Zoomの会議そのものは続く)。


posted by hakutaku at 05:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。