2011年03月26日

ゲティア問題と直観

ゲティア問題と呼ばれる、知識を非循環的な仕方で定義することの難しさは、ゲティアに始まる知識の古典的分析への反例の発見によって知られるようになった。これらの反例には様々なパターンがあるが、反例が存在することから、即古典的分析が誤りだとされたわけではない。何故なら常に、反例を何らかの形で退け、古典的分析を維持するという処置は可能だったからである。

ゲティアの論文は数ページしかないが実に良くできていて、彼がどのように反例を構成したのかを注意深く見れば、古典的分析を否定する際に、特定のケースについての直観は、皆が思うよりも少ない役割しか果たしていないということが分かる。

まずこのブログで何度も書いているように、古典的条件とは、

S knows that p iff

(1) S believes that p,
(2) p is true, and
(3) S is justified in believing that p.

である。ゲティアはこの分析に含まれるiffが、if ではないこと、つまり古典的分析が知識の十分条件になっていないことを示そうとする。

ゲティアは、(3)の正当化条件に関して、2つの想定を置く(実際にはもっと多いが省略する)。1つは証拠主義であり、ここでは以下のように定式化しておこう。

(Evidentialism) S is justified in believing p iff S has adequate evidence for p.


第二に、正当化の可謬主義である。可謬主義と呼ばれる立場は幾つもあるが、ゲティアが念頭におくのは以下のようなものである。

(Fallibilism about Justification) Being justified in believing p doesn't imply p's being true.

この正当化についての可謬主義から、Sが偽である命題を信じるための正当化を持つということが可能であるということが帰結する。したがって、可謬主義が正しいならば、正当化を与える証拠は、それ自体正当化されていなければならないという条件を置いたとしても、その証拠が真であることは必要ではないということが導ける。(最近の認識論では、この伝統的な考えを否定するものも多い)。この想定には適当な名前がないが、False Evidenceと呼ぼう。

(False Evidence) Having adequate evidence q for p doesn't imply q's being true.

このFalse Evidenceと証拠主義から、次のことが導かれる。

(A) It's possible that S is justified in believing p even though S's justifying evidence for p is false.

つまり、古典的分析は、Sがpと信じるための正当化を持つにも関わらず、その正当化が偽である証拠に依っているということを排除しない。そして、(A)が言えるならば、古典的分析から以下のことも導ける。

(B) It's possible that S knows that p even though S's justifying evidence for p is false.

ゲティアが提示した2つのケースは、この実例であるに過ぎない。ゲティアのケースが反例として説得力を持つのは、(B)が非常に強く偽であると思われるからである。

このことは簡単に確かめることができる。(A)を満たすようなケースはいくらでも想定できるので、それらのケースが(B)を満たすかどうかを考えてみれば良いからである。

このようにゲティアの論文を再構成すると、以下のことが言えるように思う。

(1) 古典的分析の否定には、原理的な考察が強く働いている。つまり、古典的分析は(B)を許容するが、(B)は偽である、という考察である。
(2) (B)が偽であることは、多くのケースを検討し、それらがSが知識を持つケースではないという直観的判断が必要である。ゲティアの2つケースとそれに伴う直観が、古典的分析と相容れないという理由のみで、古典的分析が阻却されたというわけではない(それらについて明確な直観を持たない人でも、いくらでも類似のケースを作って確かめることができる)。

面白いのは、最近はPeter Kleinのように(B)を誤りだと考えない人も結構いるということ。ただ彼らにしても、それが端的に誤りだと考えるわけではなく、ある条件が満たされれば、(B)が成立するようなケースもあるとするだけである。
posted by hakutaku at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 認識論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする