2010年02月20日

Stichと実験哲学(2)

さらに追加しておこう。Stichは、実験哲学の嚆矢となった2001年の論文で、何よりも分析哲学における認識論を、規範的理論だと見なしている。認識論は、記述的理論、つまり概念分析をやって、知識や正当化といった概念を支配する規則を記述するという側面もあるが、それだけではなく、(例えば、文化、歴史相対的に)複数存在する場合、どれを採用すべきかという規範的判断を行うことを目的とする、規範的理論であるというわけだ。

前の論文の註でも書いたが、僕は昔からこの分析的認識論についての彼の理解が、全然分からなかった。こんな規範的理論を目指している認識論者など、僕の知る限りもはやほとんど存在しないからである。ちょっと前まではいたのかもしれないが、僕からすればこれは大昔の認識論の理想、第一哲学の残滓にしか思えないし、そういう思いはおおむね認識論者で共有されていると思う。

しかし、Stichがこうした理解を持つのは、彼が哲学の方法論の問題ををthe Rationality Debateのにおいて指摘された問題とパラレルに捉えているからに違いない、と最近思い当たった。論理学や確率論というのは、確かにStichの言うような、強い意味で規範的であるように思うし。まさにこうした規範的理論と一般の人々が実際に用いている理論の相違というのが、 Rationality Debateの焦点だったからだ。そして、後者が実際にどのようなものなのかを構築する試みもなされて、Kahneman & TverskyのProspect Theoryが、実際の確率判断の「記述的理論」として提出された。この記述的−規範的理論の相違というのは、それ以来実験経済学でもずっと使われているようだ。これをモデルに認識論における記述的−規範的理論を考えているのだろう。まあ、だからといって、このモデルが認識論に対して正しいということにはならないが。

むしろ、Stichのような理解をしている人は、僕の見る限り、分析的認識論の外から来た人の方が多い。例えば、Susan Haackも、ほぼ同様の理解を認識論に対してもっていて(regulative epistemologyと呼ばれる)、彼女の本

Susan Haack (1993). Evidence and Inquiry, Oxford: Blackwell Publishers. (最近2版が出たが、これは1版)

では、繰り返しこの点が強調される。

ちなみに、Stichの認識論的プラグマティズムというのは、分析的認識論に正直なんら強い影響を与えなかった(なので、僕は読んでいないが、翻訳の惹句は言い過ぎだと思う)のだが、これはこの本が強力な批判を展開したことが理由だ。Stichと共に実験哲学者の立役者の一人であるWeinbergさえ、この本の批判によって、自分は認識論的プラグマティズムを支持しないと、ある論文で書いている。

なお彼女の立場、Foundherentismというのも、ほとんど影響を与えなかった。僕はこの立場が従来のものとどう違うのか、いまいち理解できない。しかし、この本は名著であり、認識論、とくに基礎付け主義と整合説の問題を勉強する人は必読である。Stichの本も翻訳されたし、誰かが翻訳すればよいと思う。

さらに言うと、

Michael A. Bishop and J.D. Trout (2005), Epistemology and the Psychology of Human Judgment, Oxford University Press.

も、同じように認識論を強い意味で規範的と解釈して、自然主義的観点からよりよい規範を探求するという内容だ。Stichにしてもこの本にしても、自然主義的でない現行の分析的認識論に対してかなり批判的なわけだが、彼ら自身のプロジェクトは、分析的認識論がもはや失った、第一哲学という実に古い認識論の伝統を引き継いでいるように見える。

日本で分析系認識論は人気がないが、自然主義的認識論は人気があると思う。近年の自然主義的認識論における指導的哲学者たちの中では、StichとKornblithはすでにかなり知られているようだから、残る大物はこのBishopしかない。この人はStichの盟友のような感じで、Stich and His Critics編集者でもある。そして、Stichもこの本の書評を書いている。

でも本音をいうと、自然主義的でない分析的認識論も面白いんだぜ、ということを言いたいなあ。このブログは、そのために始めたんだけど、どこまでこの狙いを達成できているかは、謎だなあ。分析的認識論を研究している人がいたら、是非交流したいんだけどな。
posted by hakutaku at 18:17| Comment(6) | TrackBack(0) | 実験哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Stichと実験哲学(1)

実験哲学の方法論というのは、明らかにKahneman & Tverskyらの、Biases & Heuristics Approachをモデルに構築されている。これは、やはり彼らの一連の実験によって引き起こされたThe Rationality Debateの参加者であり、実験哲学の創始者でもあるStichの影響が大きいだろう。実験哲学には幾つか立場があるが、方法論は皆共通している。

The Rationality Debateは今でも継続しているが、まあ初期の頃に問題だった、人間の合理性を、経験的に反証できるのかというCohenによって提唱された問題は、できるということでけりがついている。Cohenは、できないという答えを擁護したわけだが、その際に彼が使ったのが反省的均衡に訴える戦略である。実験哲学者は、哲学の方法論を反省的均衡として定式化することが多いが、これもThe Rationality Debateの影響だろう。この辺りの事情は、今ではもう古典の部類にはいるが、以下の本が詳しい。

Stein, E. (1996). Without Good Reason: The Rationality Debate in Philosophy and. Cognitive Science. Oxford: Clarendon Press.

Cohenは、Stichの1990年の本にも、彼がKahneman & Tverskyに対して行ったのと、(より穏当だが)類似の路線の懸念を表明している。

実験哲学の中でもStichらがとっている、実験的制限主義という立場は、一番ラディカルなので、いろいろと論争を呼んできた。しかし、僕がややつまらないなと思うのは、この立場への反論のほとんどが、The Rationality Debateで既に提示された反論のパターンの範疇を超えていないということだ。例えば、非哲学者の直観よりも、職業的哲学者の直観が重視されるべきだ、とするいわゆるExpertise Defenseというのは、まあThe Rationality Debateでも見られたタイプの反論である。反省的均衡の観点からすると、これは哲学理論を反省的均衡にかける際に、いわゆる一般人の直観と職業的哲学者の直観のどちらの均衡を重視するのかというという問題に、後者だと答えることに等しい。

Alexander, J., & Weinberg, J. M. (2007). Analytic Epistemology and Experimental Philosophy. Philosophy Compass, 2(1), 56-80.

では、この立場をintuition elitismと呼び、前者だと答える立場をintuition populismと呼んでいる。彼らは言及していないが、これらの用語は明らかに、

Thagard, P. (1982) From the Descriptive to the Normative in Philosophy and Logic. Philosophy of Science 49:24-42.

という、the Rationality Debateに関わる論文に由来している。Thagardは、この論争で問題だった合理性関する理論(論理学、確率論)を反省的均衡にかける際に、専門家の直観との均衡を重視する立場を、elitist strategyと呼び、一般人(非専門家)のそれを重視する立場をpopulist strategyと呼んでいる。

Thagardの分類では、Cohenはpopulist strategyの論者であり、事実これこそ、一般人の直観が確率論の規則に合致しないことが、一般人の合理的でないと言う理由にはならない、という彼の論点の基礎である。簡単に言えば、合理性についての理論は、一般人の直観とおおむね合致するべく立てられるべきであり、後者が前者の基準であって、逆ではない。

面白いのは、Thagardがelitist strategyの論者として挙げるのが、

Stich, S. P. & Nisbett, R. E. (1980) Justification and the psychology of human reasoning. Philosophy of Science 47:188-202.

だということだ。この論文の内容は、専門家の直観が論理学においては重視されるという立場である。Stichはthe Rationality Debateにおいて、Expertise Defenseを擁護していたのだ!これは、実験哲学における彼の立場と真逆である。まあ、問われている理論が、論理学と哲学と全く違うし、かなり昔の論文なので、立場も変わっているだろう。しかし、これはなかなか面白い話である。今度の学会で彼と話すだろうから、是非この辺を聞いてみたいと思っている。


posted by hakutaku at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 実験哲学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする